ホーム » 「クオリティーオブライフ」タグがついた投稿

タグアーカイブ: クオリティーオブライフ

個別医療への対応の必要性

 クオリティーオブライフは現代の医療や介護におけるキーワードであり、仕事をするからには誰もが理解しておかなければならないものとなっている。医療業界における課題として大きいのがクオリティーオブライフを重視した個別化の実現であり、確立された方法によって治療することだけが業務ではなくなっているのが現状だ。
 さまざまな疾患が登場してきている状況があるものの、それに対して確実性の高い治療方法が確立されていないケースは多い。その際に大切になるのが患者のクオリティーオブライフを高める治療を行っていくことであり、看護師の場合には看護の仕方を個別化することが欠かせないのだ。クオリティーオブライフの高さは客観的に計測することは難しく、1人1人の患者がどのように考えているかを理解する必要がある。個々の患者と向き合い、意志を尊重しながら看護に携われる看護師が渇望されているのが現状といえるだろう。
 看護師が特に重視されるのは患者とのコミュニケーションの機会が最も多いからであり、看護師が得てきた情報は医師や薬剤師などのほかの医療スタッフにも伝えられてより高いクオリティーオブライフを目指す治療方針を定めることに繋がる。個別化を実現する課題が浮上してきたことにより、医療現場での看護師の重要性が高まっているのだ。クオリティーオブライフに対する深い理解を持つ看護師が必要とされており、その自覚を持って医療現場を支えることが求められている。